ここだけの美・食・住

"美・食・住は繋がっている"

美と食と暮らしは全てが繋がっていると思います。
食に関しては、身体が喜ぶものを
日々の食事に取り入れることによってキレイは内側から作られると思うし、
丁寧なくらしが、その人の美しくしてくれると思う。
「美しくなりたい」。
これは全ての女性の共通の願いだと思います。
でも「美しくなりたい」そう思っているだけでは美しくはなれません。
美しくなるには、努力が必要。
だからといって、ストイックになり過ぎては本当の美しさは手に入れられないと思うのです。
自分が心地良い範囲で、自分なりに食にこだわり、自分なりに住まいにこだわる。
小さなこだわりや努力を楽しみながら積み重ねていく事によって、
本当の美しさはつくられると思います。

PAGETOP

asada01

決して飾らない。気取らない。自分を活かす。

私が素敵だな、美しいなぁと思う女性は、表面的ではない、内面から溢れるような美しさを持っている女性です。
例えば、人やモノ・自然を思いやる温かい心。
そんな心を持った女性の言葉や行動には、見た目の美しさを超えた本当の美しさが表れると思うのです。
私もそんな女性になれるよう、日々努力をしていきたいです。

前向きな気持ちでいること。

美しくなるには、生活の中で美しいものに触れていくということが大切だと思います。
美しい自然であったり、美しいモノ・美しい人・美しい気持ち…
美しいものに触れてそれに共鳴することによって『美しさ』というものは作られる気がします。
だから美しくなりたいと思ったら、美しい気持ちを持つこと。
いつも前向きな気持ちでいること。
何気ない小さなことに幸せを見つける心を持つこと。
「ありがとう」の気持ちを忘れないこと。他人と自分を比べないこと。
不平や不満・陰口を口にしないこと。

PAGETOP

asada02

作って楽しい。見て楽しい。食べて楽しい。

「おいしい食べ物」は、それだけで人の心を豊かにします。
私は家族のために、味はもちろん見た目もおいしく、そして身体に優しい料理を作りたいと思っています。
食事をつくる楽しみ・食す楽しみ・家族の「おいしい!」を聞く楽しみ。
たくさんの『楽しみ』がつまった「食」というキーワードを大切にしていきたい。

家族と囲む食卓は、
1番のコミュニケーションの場。

食を通じての家族 との繋がりを大切にしたいから、私は主人と一緒に料理を作ったり、子供達に料理やおやつ作りのお手伝いをお願いすることがあります。
一緒に作り、一緒に食べる喜び。
食を通じて家族の絆もより深まるように感じます。
特に子供は「食」を通じて沢山のことを学び、感じとってくれるように思うので、家族の為にも「食」に纏わる時間を大切にしたいと思っています。
私は「食と美」を深く学びたくて、7年前にベジフルビューティーアドバイザーの資格を取りました。
ベジフルビューティーアドバイザーとは、野菜と果物で作る身体の内側の美しさ、インナービューティーをプロデュースする専門家です。
インナービューティーとは、化粧品などの外からのケアに頼るのではなく、体の中を改善して美をつくるという考え方です。
どんなに高級な化粧品を使って、高級なエステに通っても、それを受け入れる身体が健康な状態でなければ、全て無駄になってしまうということ。
つまり、キレイの基本はインナービューティーにあるのです。
食が身体をつくり、身体の中から整えることが美しさにも繋がります。
こちらでは「食=健康であり、美である」そんなことを私らしく皆さんにお伝えすることができたらいいなと思っています。

PAGETOP

色にこだわる。素材にこだわる。間色にこだわる。

家族みんなの笑い声が響くような家が私の理想です。
そのために、家族が心地よく過ごせる空間をつくることが母であり妻である私の役目だと思っています。
家(部屋・空間)というのは、自分の心が一番表れるところだと思います。
部屋が荒れている時は気持ちも荒れている時、
部屋をスッキリさせたい時は、気持ちをスッキリさせたい時。
逆もあって、部屋が荒れているから気持ちも荒れることがある。
だから私は、いつも家族に心地よいと感じてもらえる家を大切にしたいと思っています。

PAGETOP

asada03

PROFILE

浅田 好未(あさだよしみ)

1979年8月26日生まれ。東京都出身。
パイレーツとして活躍後、2004年、アクセサリーブランド「Affection」を立ちあげ、
現在は自身のブランドの他、美容・アパレル関連商品の開発デザイン・プロデュースを手掛けている。
2007年に長男を出産、2012年長女を出産。
主婦としての日々やレシピ・育児を綴ったブログで主婦層を中心に共感を得ている。